メニュー

色々な種類がある

金属

用途別に使い分けられる

現代の機械文明を支える、金属製品の製造に欠かせないのが、金型です。そんな金型にも用途に合わせて様々な種類があるので、ご紹介します。プレス金型は金属加工の定番、プレス加工に用いられる金型です。原材料は薄い板状の金属で、これを金型で打ち抜いて加工するというシンプルな製造方法になります。板を打ち抜くという工程から、厚みの無い金属製品の成型に限定されますが、製品を極短時間に大量に製造できるメリットがあります。鋳造技術は金属製品の製造に古くから利用されてきており、鋳造された製品は鋳物と呼称される事もあります。一般的な鋳造には砂型が用いられますが、製品を取り出す際に型を壊す必要があるため、製品ごとに型を作る必要があり、大量生産には不向きです。砂型を金型にする事で型を使いまわせますし、砂型よりも高精度の製品を作る事が出来ます。これをさらに発展させたのがダイキャスト製法で、その際に使用される型をダイキャスト金型と呼びます。非常に精密な鋳物を短い時間で大量に生産できる製法で、まだ一般化してそれほど年月は経っていませんが、現在活用の幅が大きく広がっています。使用できる素材に偏りがあり、主にアルミニウムやマグネシウム、亜鉛などの合金を原料としたダイキャスト用合金を用います。鍛造金型は鋳造と同じく金属加工法として古くから使われる、金属を叩いて成型する鍛造法を応用した生産工程で使用される金型です。鍛造は金属に瞬間的な圧力が加わることで強度を高めることが出来ます。そのため機械の歯車など強度が必要な金属部品の成型に用いられています。上記のものは大まかにまとめたもので、詳細に分けると金属製品の製造方法法はさらに細分化されます。それらの製造方法によって金型もさらに分かれます。

Copyright© 2018 業者に相談しよう【優れた金型を作るために業者に依頼】 All Rights Reserved.