メニュー

アイデアと工夫

アクリル

可能性が広がります

地球において人類が誕生してから今日までの歴史は古く、様々な段階を経て文化と文明を発展させてきました。特に顕著な結果を出しているのが、18世紀から20世紀にかけての時代でイギリスで起こった産業革命を皮切りに以降も多種多様な発明があったのです。その中の一つになるのが、1934年頃に工業化されたアクリル樹脂で画期的な発明として種々雑多な分野で使われるようになりました。近年雑貨店やホームセンターといったあらゆる店舗で、見かけることのあるアクリルケースは実をいうと色々な用途に使える可能性を秘めているのです。よくあるアクリルケースは、アクリル樹脂の特性を活かした透明で無色のまま使われるケースが多くあります。無用な飾りのないシンプルなデザインのアクリルケースは、どんな家具やファブリックとも合わせやすいと人気が高いのです。また比較的低価格で揃えることができるので、書棚や小物入れなどとしても使い勝手がよいのは間違いありません。しかし透明性が高いということは、見えすぎると困る物をしまっておくには適していないことになります。確かにそれでは下着や貴重品をしまっておいたとしたら、人の目に触れるところには置けないことになるでしょう。そこで新たに考え出されたのが、透明性をそのままにして柄を全面にプリントするというデザインです。これなら透明ではあっても、まるっきりの透明ではないので多少目隠しの役目を果たしてくれるのです。このようにアイデア次第でいくらでも可能性が広げられるというポテンシャルを、持っているのがアクリルケースになります。

Copyright© 2018 業者に相談しよう【優れた金型を作るために業者に依頼】 All Rights Reserved.