メニュー

内径の仕上げ工法

機械

原理と活用事例について

ホーニング加工は、円筒の内面の精妙な仕上に活用する特徴のある精密な研削法になります。円柱状の工具の側面に対して、直方体の砥石を複数個セッティングしたホーンと言われている工具を効果的に活用します。工具の部分を回転させながら、上げ下げさせることを通して、穴の内面を精妙に磨き上げる方法になります。 砥石を有効活用してこれをしかるべき圧力を利用することによって、加工物面へと押し付けて、加工物間に回転及び往復運動を与えることになります。そして、たくさんの量のホーニング油を注ぎ込みながら目的とする表面あらさ及び形状を確保する加工法です。ゆえに、精密な仕上げ法のひとつとみなすことができます。要するに、ホーニング加工においては、刃物に代えホーニングツールにより、中ぐりやリーマ仕上げ或いは内面研削仕上げを実施したものを、ラッピングによってより精妙に仕上げるものになります。とりわけ円筒物の内径の面粗さ及び精度の改善を目的に利用されます。それに加えて、耐摩耗性の改善をを意識してクロスハッチを構築することもあります。加工方法やツールを加味した砥石の選定などありとあらゆる必要な条件を踏まえたうえで加工方法を選定しなければなりません。 エンジンのシリンダ内面の仕上げ等に利用されています。実際的な活用法としまして、エンジンのシリンダーボア、あるいはクランク穴といった内径仕上げが典型的な加工例としてあげることができます。

Copyright© 2018 業者に相談しよう【優れた金型を作るために業者に依頼】 All Rights Reserved.